ブライダルフェア

フレンチレストラン千秋亭

〒010-0876 秋田市千秋公園1-16

018-827-3374

フレンチレストラン千秋亭

018-827-3374

  • ブライダルフェア
  • 資料請求
  • 来館予約

千秋の杜に佇む厳かな神社-凛とした和の空間で幾久しくと誓う

桜、つつじ、蓮の花。千秋公園が魅せる四季折々の彩に囲まれて、秋田県の重要文化財に指定される彌高(いやたか)神社で行う挙式。

彌高神社

厳粛な雰囲気の中、祝福に包まれる

巫女の先導のもと、大きな和傘を差し参道の石畳を静々と踏みしめながら、おふたりは粛々と参進します。
夫婦の契りを交わす神前挙式は、荘厳な神殿で厳かに執り行われます。彌高神社の神職は、60 年の永きに亘り多くのご縁を結んできました。
楽人の奏でる雅楽と古くから秋田地方に伝わる神楽「秋田舞」が、厳粛の中に艶やかさを添え、挙式をよりいっそう古式ゆかしいものとします。
人生の新しいスタートに立つおふたりは、千秋公園の彩と厳粛な和の空間で、祝福に包まれます。

彌高神社の結婚式ならではの”かたち”

参進鳥居の前に新郎新婦、ご両家が整列し巫女の先導で参道を進みます。
手水の儀手水舎で新郎新婦が水で心身を清めます。
修祓神主が祓詞を奏上し、参列者の清めのお祓いをします。
斎主がご神前で、二人が結婚することを奏上し、末永く御加護くださるよう祈ります。
誓飲の儀楽人が政楽を奏で、新郎新婦が御神酒で三献の盃をくみ交し夫婦の誓をします。
お二人の幸せと神様のご加護を願い、舞が奉納されます。
誓詞奏上新郎新婦が神前で夫婦として家庭を築いていくことを誓います。
指輪の交換をします。
玉串拝礼感謝と祈りを込めて新郎新婦、御両家代表が神前に玉串を奉り、拝礼します。
両家の親族一同が御神酒をいただき、親族かための儀を行います。

祭神 平田篤胤大人命 佐藤信淵大人
例祭日 5月2日
鎮座地 秋田県秋田市千秋公園1番16号

明治14年小谷部甚左衛門他門人有志にて八橋に平田神社を創建する。
後、秋田県教育会が崇敬者となり、明治42年前秋田図書館跡地にあった旧県社八幡神社社殿を購入修理し、平田神社をここに奉遷、同時に佐藤信淵大人命を合祀し、社名を旧藩主佐竹義和公書明徳館題額「仰之彌高」にちなんで彌高神社と改称する。 大正5年千秋公園現在地に奉遷、大正8年2月県社に昇格する。
昭和18年11月2日平田篤胤大人命百年式年祭、昭和25年11月3日佐藤信淵大人命百年式年祭を盛大に執行する。 昭和33年以降秋田市中通学区、明徳学区、築山学区、保戸野学区等に崇敬団体である「彌高会」が結成され、昭和33年齋館直会殿が建設される。
現在結婚式場として広く、県市民に利用されている。

聖セシリア教会

和と洋のコントラスト-千秋公園での披露宴を際立たせるセシリア教会式

聖セシリア教会での挙式は、外国人の牧師、新婦の介添えをするアテンダントが執り行います。和空間に佇む千秋亭での披露宴だからこそ行う、セシリア教会でのチャペルウェディング。千秋亭では、和洋コントラストの特別なウェディングも実現できます。

人前式

ゲストに結婚を誓うスタイル

形式や宗教にとらわれない、ゲストに対して結婚を誓う自由なスタイルです。シビルウェディングミニスターの立ち会いのもと執り行うこともできます。